エイルマンションより、耳寄りなエリア情報をお届けします。

エイル熊本クラブ会員募集

「エイル熊本クラブ」会員登録にご登録頂いた会員様には
エイルマンションの最新情報をお知らせします。
是非、この機会にご入会ください。

阿蘇の山々がもたらす清らかな水に恵まれて古くから「水の都」とも「森の都」ともいわれ
さらに九州屈指の繁華街の顔も持つ熊本市。
観光に、そしてビジネスに九州の拠点として魅力を発信してきた熊本市の中心部をご紹介します。

  • 上通アーケード街
  • 白川

熊本市電が走る熊本市有数の大通り「電車通り」。市電の軌道敷は緑化されており、電停の温度抑制や沿線の騒音低減、美しい都市づくりに寄与されています。

(左)ファッションビルの2階にある「熊本市現代美術館」。オリジナルの美術館グッズも人気です。
(右)街の中心部を走る路面電車。1日乗車券(500円)には観光名所の割引券が付いています。

熊本一のメーンストリートをそぞろ歩く

 九州のほぼ中央に位置する熊本県は、人口、県内総生産額ともに、九州では福岡県に次いで第二位。そして熊本市は、2012年に福岡市、北九州市につづき、九州で三番目の政令指定都市に移行し、暮らしやすい街としての評価はますます高まっています。
 お城から電車通りを下ると、アーケード商店街「上通」に「下通」、老舗「鶴屋百貨店」と商業施設がひしめき、県内一の繁華街ならではのエネルギーに満ちています。
 車で観光すると気づきにくいですが、熊本城から目と鼻の先の徒歩10分ほどのエリアが、まさに熊本の〝今〟を牽引しているのです。
 熊本アートが堪能できる文化施設もこのシティエリアに集中。熊本城のほど近くには熊本県立美術館とその分館が。上通そばの「熊本市現代美術館」は、国際的なアーティスト草間彌生などの作品を無料で展示。美術書などの図書も充実しています。

熊本都市計画桜町地区第一種市街地再開発事業 外観完成予想図
提供/熊本桜町再開発株式会社

まもなく城下町に誕生。人・モノ・情報の新交流拠点

 江戸時代に肥後藩主・細川家の本邸もあった桜町では「熊本市震災復興計画」として、近年の九州における開発事業としては最大級のプロジェクトが進行しています。
 そのコンセプトは「熊本・新城下まち」。かつてこの地に存在した「陽春庭」の周辺環境を活用し、熊本城の茶臼山とつながりをもたせた設計プランをもとに、商業施設にバスセンター、ホテルなどを併設した多機能型施設が2019年に開業します。
 城下町熊本の伝統と歴史を継承しながら、賑わいと活気にあふれた街づくりを目指している熊本市。新たなランドマーク施設の誕生により、九州はもとより全国、そして世界中の人たちとの交流がますます盛んになりそうです。

 
エイル熊本クラブ会員募集

「エイル熊本クラブ」会員登録にご登録頂いた会員様には
エイルマンションの最新情報をお知らせします。
是非、この機会にご入会ください。