EIR熊本|エイルマンション水道町IIロゼア|作州商事の新築マンション

  • REPLAY

鶴屋百貨店 徒歩約2分 / 白川沿い / 「水道町電停」 徒歩約2分

鶴屋百貨店 徒歩約2分 / 白川沿い / 「水道町電停」 徒歩約2分

8/15 より先着順申込受付開始

完全予約制

新型コロナウイルス感染症対策実施中のため、ご来場をご希望のお客様はHPまたはお電話にて資料請求・会員登録をお願いいたします。後ほどスタッフよりご連絡差し上げます。

第一弾の事前案内会では、
おかげさまで多数のお申し込みをいただきました。
いよいよ8月15日より
先着順申込受付を開始いたします。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
※お申込登録の際は、お認印・本人確認資料
(運転免許証等)・申込証拠金10万円をご用意ください。
※ご来場制限による調整のため、
ご招待のご連絡までに最長5営業日の
お時間をいただいております。
ご登録順にご案内して参りますので
予めご了承ください。

INFORMATION

2020.9.7
施工状況8月分を更新しました。

2020.8.7
公式サイトをリニューアルオープン致しました。

資料請求・会員登録受付中

新型コロナウィルス感染予防対策実施中のため、モデルルーム内への入場制限を設けております。
ご来場をご希望のお客様はフォーム入力またはお電話で資料請求・会員登録をお願いいたします。
後ほどスタッフよりご連絡いたします。

マンションギャラリーでの
感染予防対策について

ご予約はご案内時のお客様同士の距離確保を目的として調整を行い、
同時にご案内できる組数を制限いたします。
ご来場当日におきましても従業員ならびに
ご来場の皆様の健康と安全を第一に考えた運営に努めます。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

作州商事の新型コロナウィルス(COVID-19)の
感染予防対策について

  • 資料請求・会員登録
  • 来場予約

都市に暮らすこと。
それは都市に満ちた先進の環境を手に入れること。
自由で伸びやかな雰囲気。色鮮やかで近代的な街並み。
新しい情報や流行を常に取り入れ、
先取りする気質。研ぎすまされた感性…
何気ない日常もありふれた時間も、
都市ならではの洗練された空気感の中で
躍動と煌めきを背景に、より力強く、颯爽と輝き始める。
確かな審美眼と美意識を持ち、都市生活の本質、
そしてその価値を識る都市生活者たちへ。
都心を自在に、美しく生きるための邸を贈ります。

01

Comfortable Life

情報や文化を牽引する都心の先進性。
白川の流れとふんだんな緑が織りなす自然の彩り。
そして伝統と格式を纏い、歴史ある熊本城を抱く誇り。
すべてが日常のすぐ隣にあり、その恩恵を享受できる。
それがこの街、水道町に暮らす醍醐味。

02

都心。徒歩約2分。
鶴屋百貨店東館まで(約130m)

The heart of City

熊本市都心、白川沿い。
70万人を超える人口を抱える大都市の中心部。
すぐ近くに鶴屋百貨店が位置し、賑わいの中枢である
上通、下通までもわずか5分の地に、
上質な住み心地を叶える邸宅、
「エイルマンション水道町Ⅱロゼア」が誕生します。
都心にしかない暮らし、都心でしか叶わない暮らし。
そんな贅沢を愉しむ日々が始まります。

03

River side life

前面が白川に面し、光と眺望を遮るものがない、
稀少な立地。
窓からはパノラミックに広がる青と緑の景色を
我が庭のように愉しむことができます。

眺望
04

堂々たる天守閣 熊本城

Kumamoto Castle

熊本市の中心部に位置し、
日本三名城のひとつに数えられる熊本城。
堂々たる天守閣をはじめ、築城以来現存する宇土櫓や、
2008年に復元された本丸御殿、
「武者返し」の異名を持つ石垣など、
築城の名手といわれた
加藤清正が手掛けた勇壮で華麗な佇まいは、
今なお人々を魅了し続けています。

りの
05

豊かな環境

Life information

都市の利便性と歴史の薫り、水と緑が豊かな環境が
バランスよく融合した水道町。周辺には公共施設を
はじめ、毎日の買い物に便利なスーパーやコンビニ、
教育施設、病院、そして公園など、生活に不可欠な
多彩な利便施設が揃っているため、誰もが快適に
暮らしやすい住環境です。

※掲載の写真は現地付近を撮影したものに(2020年3月)、CG加工を施したものでイメージです。

※CGパースは図面を基に描き起こしたもので、イメージです。

※上記記載距離は、住宅地図をもとに現地からの最短距離を計測したものです。

※徒歩所要時間表示は分速80m、車による所要時間表示は時速40kmで算出しております。

※掲載の周辺環境情報は2020年1月現在のものです。

※震災前の熊本城(2015年5月撮影)

※掲載の写真は現地付近を撮影したものに(2020年5月)、CG加工を施したものでイメージです。

※植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。